Back to Top

Inewhair

一貫した高い生着率で、
傷痕が目立たないようにする
FUE2 強化非切開

自然に仕上がる植毛のため
惜しげもなく投資して持続的な研究・開発を行っています。

ニューヘアー非切開植毛の歴史

2002年、国際毛髪学会で非切開植毛(F0X)を初公開

2007年、強化非切開FLE2 を開発

FUE2強化非切開植毛の最大の特徴
0.8mmパンチを使用して傷痕を最小化

非切開植毛は、お客様の頭皮状態と部位をチェックした上で、毛包を採取するパンチの深さと手動にするか自動にするかを決め、良質な毛包を採取します。 下の写真は、FUE2(強化非切開)非切開で採取した毛包と切開法で採取した毛包を比較したものです。毛包の下に付いている毛包組織の量が十分にあることが見て取れます。FUE2(強化非切開)非切開で採取した毛包細胞は重要な要素を一つも失っていません。

<FUE2(強化非切開)非切開法植毛で採取した毛包細胞>

<切開法植毛で採取した毛包細胞>

傷痕をより小さくする方法

「傷痕を減らし結果が強化された手術法!」
ニューヘアー非切開法は、絶えず進化しています。
FUE2(強化非切開)非切開植毛は、線状の傷痕を残しません。
もショートヘアを維持したい、あるいは切開が怖いと思うお客様にとって非切開植毛は良い選択肢になります。下の動画は、FUE2(強化非切開)非切開植毛後、1年が経過したお客様の後頭部です。傷痕に対する心配を減らし、移植量を増やすと同時に生着率を上げるための努力を怠りません。

Q. 毛包周辺組織(perifollicular tissue)が厚くなければならない理 由とは?

毛包の周辺組織が少ないと外部環境に影響される確率が非常に高くなります。 簡単に言えば 緩衝してくれるクッションが少ないと考えればいいでしらこの場合外部からの衝撃に弱いだけでなく、 生着率を低下させる最大の原因である毛包の乾燥もより発生しやすくなます。 詳細をチェック ニューヘアー ハゲブログ

Safe systemの概図

これより小さいパンチは採れた毛包細胞に損傷を与えかねません。また、これより大きな直径を使用すると必要以上の傷痕を残すことになります。 FUF2 (強化非切開)非切開植毛のSafe Systemは、傷痕を心配するお客様に適しています。

FUE2強化 UI切開植毛の手術プロセス

高い生着率の秘密

毛包細胞の損傷を減らすための顕微鏡による毛包検査が必須! 非切開植毛FUE2(強化非切開)の成功率を上げるには、損傷された毛包細胞の移植は排除しなければなりません。 非切開植毛は、後頭部から毛包を1株ずつ採取して脱毛部位に移植する手術です。 ここで採取したドナーを顕微鏡で検査せずに移植すると、損傷された毛包がそのまま移植されることになり、手術直後はたくさんの毛包が移植されたかのように見えますが、結局のところ新しい毛髪は生成できません。

毛包が損傷される理由

ニューヘアーの非切開法

FUE2 of FUE2 (強化non切開)「採取量」「採取量」を計画るのでをを計画るのでをを植毛のFUE2(強化non切開)を取量」確認スル必
要があります。

一般的な非切開法

ニューヘアーの非切開法

顕微鏡を用いた毛包検査

毛包の損失と損傷を減らすためには、顕微鏡を使用しなければなりません。
植毛においては顕微鏡を使用することで移植可能なドナー株が25%増加します。

手術後の早い回復 EGF Solution

手術終に採取部位と植毛部位に塗布するEGFgelは、72時間急速な細胞分裂を促し、再生促進因子を作り出します。
植毛部位と採取部位の両方にホールの傷痕ができないように、きれいで迅速な回復を手伝います。

高圧酸素治療

高圧酸素治療プログラムは、100%の酸素を高圧で移植した毛包細胞に供給して血管が生成するまでの間にも、健康に維持できるようにします。

痛みケア

痛みケア 生え際の植毛においては適した麻酔を行っているため、痛みを訴えるお客様はほとんどいません。 ですが、帰宅してから麻酔が解けて痛みが感じられる場合があり、このためゆっくり休憩することができなくなります。
生え際の植毛は、長時間同じ姿勢で座ったまま受ける手術であるため、お客様には手術後の十分な休憩が必要です。
手術後に痛みが続くと体にストレスがたまり移植されたばかりの産毛の株にもよくない影響を与えかねないため、手術中に痛みを抑えると共に手術後の痛みを効果的にケアすることが非常に重要になります。手術の後痛症が持続すると身体にストレスがたまり移植されたばかりの毛嚢細胞にもよくない影響を与えることがあります。

成功率を高めるための努力

FUE2強化非切開

早い移植速度、切断率の最小化、周辺組織を温存することで既存のデメリットを補完したニューヘアーならではの非切開法です。

スリットによるスナッグフィット

最小限のホールに最大限の毛包が移植できれば生着率は高くなります。

全過程で高倍率顕微鏡を使用

全過程で高倍率顕微鏡を使用することで、 目視による分離と比べて、健康なドナー株を25%増すことができます。

水中で分離するアクアカッティング

毛包は、空気にたった60秒間触れるだけで損傷されてしまいます。 水中で分離すれば、そうでない場合と比べて、損傷を最小限に抑えることができます。

高圧酸素治療による植毛後の有効なケア

4日間の有効なケアが12ヶ月間の良好な「毛包健康」につながります。

長期保存液と5℃の低温水分維持装置

臓器移植と同様の手術環境を整えて、生着率を極力上げます。

つむじにおけるメディカルSMPの驚くべき効果