Back to Top

Inewhair

ドナーの最適な配置で
最大の効果を引き出す!
大量植毛

最適な条件を整えて健康な毛包を保持!!
大量植毛でも最高の生着率と超高密度を実現します。

良い結果を得るための選択

まず、良い結果を作り出している医師と病院を訪ねて
なぜ良い結果を出しているのかを逆に考えてみるのはどうでしょう。

良い結果を出していれば、良い結果を出している理由に対する説明に意味がありますが(手術法や手術道具など)、
立派な広告や理論を持っていても結果がついてなければ全く意味がありません。
これは勉強ができる人になぜ勉強ができるのかを聞くのは意味があっても、
勉強のできない人に勉強のコツを聞くのはさほど意味がないのと同じです。

大量植毛

人の毛髪数は、平均約10万本だと言われています。 アジア人の場
合、これより若干少なくて約7~8万本あると言われています。
植毛においては、一般的に約2~3千本の髪を移植しますが、大量移植で
は5~7千本を移植します。 つまり、全毛髪の10%あまりを移植して
効果を出すというわけです。脱毛がそれほど進んでいない初期脱毛
なら、これで十分な効果が得られます。

ドナーを效果的に配置してコスパアップ

植毛を計画している方は植毛本数にこだわりがちですが、同じ材料
で家を建てても建築家によって異なる結果が出るように、同じ本数
を植毛しても手術する医師によって結果が変わります。

効率的な植毛

少ない費用で良好な結果を作り出すことが専門家の役目 植毛も同じです。大量に植毛することが大事なわけではなく、適した本数をパフォーマンスよく移植することがより大事です。 これを植毛では最適分配(optimal distribution)といいます。 髪の毛が無限にあるなら分かりますが、植毛のできる髪は限られているからです。

少量のドナーでボリューム感のあるデザインができる優秀な医師。
10,000本を植毛して生着率が50%とすれば、5,000本が生き残ることに
なります。そして、4,000本を植毛して生着率100%とすれば、4,000本
が生き残ることになります。ということは、前者の方がより多いド
ナーが生着することになり、結果として良いと思うかもしれませ
ん。すると、10,000本を移植した医師がより優秀な医師かという疑問
がわきます。髪が無限にあるなら、それもいいと思います。です
が、限りのあるものですので、後者の方がより優秀な医師だと思い
ます。

成功率を高めるための努力

FUE2強化非切開

早い移植速度、切断率の最小化、周辺組織を温存することで既存のデメリットを補完したニューヘアーならではの非切開法です。

スリットによるスナッグフィット

最小限のホールに最大限の毛包が移植できれば生着率は高くなります。

全過程で高倍率顕微鏡を使用

全過程で高倍率顕微鏡を使用することで、
目視による分離と比べて、健康なドナー株を25%増すことができます。

水中で分離するアクアカッティング

毛包は、空気にたった60秒間触れるだけで損傷されてしまいます。 水中で分離すれば、そうでない場合と比べて、損傷を最小限に抑えることができます。

高圧酸素治療による植毛後の有効なケア

4日間の有効なケアが12ヶ月間の良好な「毛包健康」につながります。

長期保存液と5℃の低温水分維持装置

臓器移植と同様の手術環境を整えて、生着率を極力上げます。

つむじにおけるメディカルSMPの驚くべき効果